【実例】不動産相続で大変だった話 その2

2023-04-27

相続



おはようございます。

新潟市の不動産売却・不動産買取リノ・ハウス」の佐々木です。

昨日は、リノ・ハウス社内で慰労会を兼ねた食事会がありました。

従業員のお子さんも参加して
会社でテイクアウトをしての食事会。

毎回そうなんですが、
食べきれないくらいのごちそうで、
おなか一杯(笑)。

新潟はやっぱりお酒がおいしいですね!
久しぶりのお酒で話にも花が咲きました。

さて、本日は昨日の


第2段ということで、
実際にあった相続登記で大変だったお話を
お伝えいたします。

相続登記で大変なのは、
相続人が多くて大変!というのもあるのですが、

もう1つは

・どこにいるのかわからない

・いても遺産分割協議に応じてくれない

この2点はよくあります。

もう10年くらいまえの話になりますが、
ご両親から相続する不動産を売却しようと思い、

ご相談をいただいたのですが、
過去にご親族の方の個人の仮登記が入っていて、
それを抜く必要がありました。

その個人の方は所有者であったお父様のご兄弟なのですが、
すでに他界されていて、その権利はお子様のところに行きます。

ですので、お子様にコンタクトをとって
仮登記を外すご協力をお願いする必要があるのですが、

確認していくと、兄弟間の仲がよくないのか、
音信不通になっているご兄弟がいるとのこと。

聞けば最後は〇〇あたりにいたらしい・・・
という便りを最後にどこでなにをしているかもわからない。

ということで、
司法書士に職権で居場所を探し出してもらい、
居場所は特定できました。

その次は、電話番号等の連絡手段がなく、
わかっているのは住所だけなので、

その住所宛てに手紙を送って協力してほしい旨の
内容を伝えます。

そこでご連絡をいただいて協力いただければいいのですが、
何の音沙汰もなし。

何回か郵送しても無反応。。。

困ったなぁ~ということで、
次の手段へ。

こうなってくると、
弁護士に登場してもらい、

仮登記を抹消するための裁判を起こすよ、
という手紙を送ってもらいました。

この段階で裁判でビックリしたのか、
連絡が来たそうです。

そして、そのまま欠席裁判で判決が出て
仮登記は外した、という内容でした。

相続に関連して、
他の登記がついていたりすると、
上記のケースのように裁判をしたり、
複雑な手順を踏む必要があることもあります。

時間はかかりますが、
1つ1つ着実に手順を進めていけば、
無事解決することもありますので、

困ったらぜひ一度リノ・ハウスへご相談ください!


不動産売却の相談は無料でできます。

お気軽にリノ・ハウスへお問い合わせください^^
お待ちしています。


リノ・ハウスへお任せください。

新潟市(中央区・東区・西区・江南区・南区・北区・西蒲区)はもちろん、新発田市・村上市・聖籠町・阿賀野市・五泉市・燕市・三条市・長岡市など新潟市近郊の不動産売却もお手伝いしています。

土地・戸建・マンション・アパートなんでも対応いたします。

「相続」「住み替え」「借金」「離婚」「不要」などご理由は様々です。

不動産売却(仲介・買取)や、不動産の査定に関するご質問などがある際は、 ぜひお気軽にリノ・ハウスまでご相談ください! 

テレビCMもNST(フジテレビ系)・TENY(日本テレビ系)にて継続して放映しておりまして、CMをみてお問い合わせくださるお客様も増えております。

新潟市の不動産売却・不動産買取は、
ぜひリノ・ハウスへお問い合わせください。

皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

また、不動産買取も積極的に行っております。 スピーディに売却をしたい場合など不動産買取の方が良い場合もございます。 新潟市(中央区・東区・西区・江南区・南区・北区・西蒲区)、新発田市・村上市・聖籠町・阿賀野市・五泉市・燕市・三条市・長岡市など新潟市近郊の不動産買取も大歓迎です。

\お気軽にご相談ください!/


無料査定相談はこちら

    ブログ一覧ページへもどる

    まずはご相談ください!

    025-250-7180

    営業時間
    9:00~18:00
    定休日
    定休日なし(但し年末年始、お盆、GWは除きます)

    関連記事

    不動産売却

    相続

    空家

    離婚

    売却査定

    お問い合わせ