不動産売却時の固定資産税はどうなる?!

表紙


おはようございます。

新潟市の不動産売却・不動産買取リノ・ハウス」の佐々木です。

いよいよ明日からゴールデンウィーク突入!
ということで、

ニュースでもどこも取り上げていますね!

ところで、あのニュースでよく出る
新幹線や空港でのインタビューなんですが、

あの時期にそんなインタビューされるようなところに
旅行に行ったりしたことがないので、

一度でいいからインタビューされてみたいなと
思った今日この頃です(笑)。

さて、
本日は「不動産売却時の固定資産税はどうなる?!」
という内容でお伝えいたします。

固定資産税というのは、
不動産を所有している限り毎年かかる税金です。

毎年、4月中旬~下旬にかけて新潟市から、
固定資産税の納税通知書という形で、
納税額と振込票が送られてきます。

これは、その年の1月1日時点でその不動産を
所有していた方が、1年分納めるということになっています。

しかしながら、
不動産の売却をすると、

1年間のどこか途中で売却し、
その不動産の所有者が変わることになります。

固定資産税は先ほどお伝えした通り、
所有している方が払うべき税金なので、

年の途中で所有者が変わった場合、
その所有者が入れ替わった日を境にして、
日割清算をする、というのが新潟市では一般的です。

例えば、
不動産売却ができて、
5月30日に不動産を引渡すという内容でしたら、

所有者さん(売主):1月1日~5月29日までの期間分の金額負担
購入者さん(買主):5月30日~12月31日まで期間分の金額負担

という形になります。

※新潟市での不動産売却時は関東ルールで
1月1日を起算日(スタート日)としています。
(関西方面は4/1を起算日とする方法が多いそうです)

これは、年額を365日(うるう年の場合は366日)で割って、
日数を掛け算することで計算できます。

上記計算式で計算した金額をその不動産の決済日に
残金とともに清算する、という形が一般的です。

このように日割清算することにより、
不公平感なく、不動産の売却が可能になります。

※翌年からは購入者さんのところに新潟市の固定資産税の
納税通知が届きますので、購入者さんの方で1年分納める形になります

いかがでしたでしょうか!?

新潟市で不動産売却の際は
ぜひ一度リノ・ハウスへご相談ください!


不動産売却の相談は無料でできます。

お気軽にリノ・ハウスへお問い合わせください^^
お待ちしています。


リノ・ハウスへお任せください。

新潟市(中央区・東区・西区・江南区・南区・北区・西蒲区)はもちろん、新発田市・村上市・聖籠町・阿賀野市・五泉市・燕市・三条市・長岡市など新潟市近郊の不動産売却もお手伝いしています。

土地・戸建・マンション・アパートなんでも対応いたします。

「相続」「住み替え」「借金」「離婚」「不要」などご理由は様々です。

不動産売却(仲介・買取)や、不動産の査定に関するご質問などがある際は、 ぜひお気軽にリノ・ハウスまでご相談ください! 

テレビCMもNST(フジテレビ系)・TENY(日本テレビ系)にて継続して放映しておりまして、CMをみてお問い合わせくださるお客様も増えております。

新潟市の不動産売却・不動産買取は、
ぜひリノ・ハウスへお問い合わせください。

皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

また、不動産買取も積極的に行っております。 スピーディに売却をしたい場合など不動産買取の方が良い場合もございます。 新潟市(中央区・東区・西区・江南区・南区・北区・西蒲区)、新発田市・村上市・聖籠町・阿賀野市・五泉市・燕市・三条市・長岡市など新潟市近郊の不動産買取も大歓迎です。

\お気軽にご相談ください!/


無料査定相談はこちら

    ブログ一覧ページへもどる

    まずはご相談ください!

    025-250-7180

    営業時間
    9:00~18:00
    定休日
    定休日なし(但し年末年始、お盆、GWは除きます)

    関連記事

    不動産売却

    相続

    空家

    離婚

    売却査定

    お問い合わせ