不動産売却、「買取」「仲介」どちらにする?

表紙


おはようございます。

今日からスタッフもこちらのブログ記事を
執筆することになりましたので、
どうぞよろしくお願いします。

不動産売却、「買取」「仲介」どちらにする?



「不動産売却をしよう!」とまずは査定を不動産会社にお願いするわけですが、
最初にまず決めることがあります。

それは、

「買取」で売るのか?

それとも

「仲介」で売るのか?

という選択肢です。

ここでまずは大きく道が分かれます。

「買取?仲介?はてさて何ぞや?」

と思われた方もいるかもしれませんが、
無理はありません。

不動産の売却というのは、
誰でも一生に1回か多くても2回程度の方がほとんどなため、
ご存じでなくても当然です。

わたしたちリノ・ハウスにご相談されるお客様も
ほとんどが初めて不動産を売却相談される方がほとんどですので、
ご安心ください^^

仲介とは?


さて、話を元に戻すと、

「仲介」というのは、
みなさんがよくチラシやインターネットなどでよくみる

「中央区 戸建 1000万円」とか

「東区 土地 800万円」などの

物件情報があると思います。

あれが仲介です。

ようはこの物件はこの価格でこういうのが売っていますよ、
というのを広く募集・告知をしてお客様を探すという方法になります。


仲介の長所・短所


これの何がいいのかというと、

長所:高く売れる

ところです。

一方で、募集という行為が発生しているので、
必然的にいつ売れるか?というのはやってみないとわかりません。

1か月で売れる場合もあれば、何年かかっても売れないこともあります。

つまり、

短所:いつ売れるかわからない

というところがあります。

これが、仲介の長所と短所ですね。

買取とは?



一方、もう1つの方法「買取」は、
リノ・ハウスのような不動産会社が買う人(買主といいます)に
なります。

最近では中古車買取!とか
ブックオフ・ハードオフのようなリサイクルショップも

当たり前のようにわたしたちの身近にあるので、
よくご存じかと思いますが、
要は業者が買い取るということになります。

買取のメリット・デメリット



買取は、先ほどの仲介の長所と短所が
ちょうど反対になったような形で、

長所:すぐ売れる(買手が決まっているので)

短所:仲介よりは安くなる(リフォームや解体費等の費用や業者の利益があるので)

ということになります。

実際に新潟で不動産売却でご相談を受けている感覚ですと、

仲介7割、買取3割くらいでしょうか。

あとは、

お客様のご状況として、

「急いでいないので高く売りたい!」ということであれば仲介を、

「処分したい!」「すぐ売りたい!」ということであれば買取を
ご提案しています。

ですので、

あなたのご希望やご状況をお聞かせいただき、
最適な方法で進められるようにお話しております。

ここまでお話をすると、

「じゃあ、仲介と買取でどれくらい金額の差があるの!?」

とよく聞かれますので、

ぜひ聞いてみたい!という方は、

リノ・ハウスへ一度ご相談ください♪

相談は無料でできます。

お気軽にリノ・ハウスへお問い合わせください^^
お待ちしています。


\お気軽にご相談ください!/

無料査定相談はこちら

    ブログ一覧ページへもどる

    まずはご相談ください!

    025-250-7180

    営業時間
    9:00~18:00
    定休日
    定休日なし(但し年末年始、お盆、GWは除きます)

    佐々木裕也の画像

    佐々木裕也

    部署:営業

    資格:宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

    『かゆいところに手が届く』丁寧な対応を心がけています。「頼んで良かった!」と仰っていただくのが何よりの喜びです。

    精一杯お手伝いいたしますのでよろしくお願いいたします。

    佐々木裕也が書いた記事

    関連記事

    不動産売却

    相続

    空家

    離婚

    売却査定

    お問い合わせ